Classicの生演奏が愉しめる・・・音楽サロン“パパゲーノ” 新宿区中井

| HOME | 今後のコンサート |

更新日 2016-05-02 | 作成日 2008-03-15

PAPAGENO

Classicの生演奏が愉しめる・・・音楽サロン“パパゲーノ” 新宿区中井

P8100167.JPG

公開レッスン聴講生募集のお知らせ

世界屈指のソリスト・パリ音楽院教授・ロン=ティボー国際コンクール審査員

オリヴィエ・シャルリエ Olivier Charlier (Violin)
ヴァイオリン公開レッスン Vol. 2
2014年4月22日(火), 23日(水) & 24日(木)



art_007_004.jpg

 国立パリ高等音楽院教授。新星日本交響楽団(現東京フィル)レギュラー・ゲストソリストとして3年連続で来日するなど、日本でもおなじみの世界第一級のソリスト!
 1961年生まれ。10歳でパリ音楽院のジャン・フルニエのクラスに入り、14歳でヴァイオリンと室内楽で1等賞を得て卒業。
在学中に、ブーランジェの知遇を得、シェリングからは1976年、特別に個人的な奨学金を受けた。
17歳より、ロン=ティボー、シベリウス、ミュンヘン、モントリオール、インディアナポリス、ニューヨーク・ヤング・アーティスツ、モナコ、ジョルジュ・エネスコといった、国際的に権威あるヴァイオリンコンクールに入賞。
 またソリストとして、パリ管、フランス国立管、チューリッヒ・トーンハレ管、ベルリン響、ミュンヘン放送響、ハンブルク放送響、モントリオール響、プラハ・フィル、ロンドン・フィル、BBC響、ハレ管など、多くのオーケストラと共演。またデュトワ、セムコフ、ジョルダン、クリヴィヌ、ヤノフスキ、トルトリエ、アントルモン、シナイスキ、ボドなどの指揮者と共演している。このようなヨーロッパ、アメリカでの活躍に加え、南アメリカ、オーストラリア、アジア、アフリカなど世界各国で絶大な評価を得ている。
 また、室内楽にも積極的で、ブリジット・アンジュレーとのデュオで活躍している。
1981年よりパリ音楽院の室内楽クラスの助手、92年からヴァイオリン科の教授。
ロン=ティボー国際コンクールほか多くの国際コンクールの審査員を務める。
エラート、EMI、シャンドス、ハルモニア・ムンディなどのレーベルに数多くの録音がある。

音楽サロン“パパゲーノ”の主催した昨年10月の公開レッスンは大好評となり、Vol. 2として来る4月に再びシャルリエ先生の公開レッスンを開催する運びとなりました。


今回来日時のコンサート

■2014年4月19日(土) ~シャルリエの芸術~ 
 場所:グランシップ 交流ホール(JR東静岡駅隣接)

♪メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調
♪ヴィヴァルディ:協奏曲集「四季」他

■2014年4月20日(日) 【 シャルリエ バッハ無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ、パルティータ全曲演奏会① 】 
 場所:MOA美術館 能楽堂 (静岡県熱海市)

♪J.Sバッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第1番
♪J.Sバッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第1番
♪J.Sバッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番(シャコンヌ付)

お問い合わせ:LinkIconシンフォニエッタ静岡

4月22日(火) 13:00~20:00
4月23日(水) 10:30~12:30, 13:30~20:00
4月24日(木) 10:30~12:30, 13:30~20:00

場所:音楽サロン“PAPAGENO”
受講の応募は終了致しました。
聴講料 2.000円/日

<公開レッスンの受講・聴講についてのお問い合せ>
・メールLinkIcon
・電話 080-5508-5423